スケーリングによる歯周病治療

歯周病を放置していると歯を失う可能性がありますし、他の歯にも影響が出てくるので注意が必要になってきます。
この歯周病のケアをしていくためには、プラークコントロールを行って、歯周病の原因となる歯垢のつくのを防ぐ、あるいはついてしまった歯垢を除去するということが大事になってきます。

歯周病治療を知りたいならこちらです。

そこで、歯周病治療でよく行われる方法として、スケーリングをして歯石ごと細菌を除去するという方法です。

livedoorニュースの情報をお届けします。

歯についた歯垢がさらに固まったものが歯石ですが、これはいくら歯磨きをしても簡単に除去できるものではありません。ですから、歯石に関しては、歯科医院で超音波の振動を与える器具を使って歯石を砕くという、歯石のスケーリングという歯周病治療を行う場合があります。
また、歯茎の中に歯石ができた場合は、ディープスケーリングを行って歯石を除去するという歯周病治療もあります。



特に、歯茎にできた歯石は黒く硬く歯にこびりついているので、通常の歯石よりもさらに厄介です。

この歯石を取り除く場合も超音波の振動と歯石をとるための専用の器具を使って除去していきます。
このようなディープスケーリングを行うときは、出血があったり、歯茎が腫れてしまう恐れがありますから、出血がない歯茎の状態になっていから行う必要があります。


また、歯周ポケットの深さに関しては、4ミリまでの深さまで対応することができます。

このディープスケーリングをすることによって、歯石が除去されると同時に歯垢もしっかりと取ることができるので、歯茎が引き締まって、細菌が歯茎に侵入しづらい環境をつくることができるようになります。