歯周病治療の基本はプラークコントロール

歯周病治療において、一番基本的な治療はプラークコントロールです。

このプラークコントロールとは、歯ブラシなどを使用して歯垢をつけないようにコントロールをするということです。


歯周病の原因は歯垢ですから、もし歯垢がつかないように完璧にコントロールすることができれば、治療の大半は終了しているということになります。


それくらい歯垢がつかないようにコントロールすることは、歯周病治療において重要なわけですが、歯垢は口の中で毎日繁殖していますから、プラークコントロールは毎日継続して行っていく必要があります。



いくら高価な歯周病治療をして、一時的に改善したとしても、毎日のプラークコントロールができていなければ、全く意味がないということになってしまうので注意が必要になってきます。



また、自分ではしっかりと歯磨きができていると思っていても、実際は誤った方法で歯磨きを実践していることも良くあることですから、まずは、病院でプラークコントロールのための歯磨きの方法をしっかりと学ぶということが大事になってきます。



正しいやり方で毎日歯磨きを行っていれば、それだけでプラークコントロールは出来てしまいますし、仮に歯垢が若干落としきれていないような場合でも、歯科医院で専用の器具などを使って除去することができるので、定期的に通院することも重要になってきます。

毎日の歯磨きと、定期的に口の中のチェックをすることによって、歯周病の改善と予防を行っていくことができます。