歯周病治療にはさまざまな手法があります

30代を超えている人が気をつけなければならない病気の一つに、歯周病があります。

歯周病というのは、歯のまわりの骨が溶けてしまう病気で、実は、歯を失う最大の原因が歯周病なのです。

livedoorニュース情報を調べるならこのサイトです。

しかも、症状が進行していても、本人が自覚症状を持っていることはほとんどありません。たまたま、歯科健診で医師から指摘されて初めて気がついた、ということも少なくありません。


ただ、歯周病治療を適切に行えば、症状の進行を抑えることができるのも、この病気の大きな特徴です。

重症化しないうちに、治療やメンテナンスを受けていれば、高齢化しても、自分の歯でしっかりと食事をとれる可能性が高くなります。

歯周病は細菌の塊であるプラークによって引き起こされます。


そのために、歯周病治療の第一歩は、まずは、日常的な歯磨きです。
毎食後、きちんと正しいやり方で歯を磨くことが基本です。

次に、歯科で、超音波を用いて歯石を破壊し、それを水で洗い流す方法があります。
この手法ですと、大量の歯石も比較的短時間で取り除くことができますので、非常に効率的です。
また、先の尖った器具でもって、一つずつ歯石を取っていく方法もあります。



これは時間はかかりますが、歯茎の中に潜んでいる小さな歯石も除去されていきます。

非常に重症なケースでは、歯周外科の受診が推奨されます。

歯周病治療情報選びをお手伝いするサイトです。

麻酔をかけて歯茎を開いて歯石をとるとか、歯周ポケットを減らしたりして清掃しやすい環境をつくるとか、増殖した歯ぐきを切断したりといった外科的手法を用いることもあります。

このように歯周病治療は多様ですが、できるだけ初期のうちに対応していくのが望ましいのは当然です。